弊社へのお仕事のご相談やお見積もり等は、こちらからお気軽にご連絡ください。

 
事務長業務代行
 
事務長の業務内容
 

私どもの拙い経験を基に、事務長の業務内容をまとめてみました。 経営者である院長は勿論、職員からも、事務長がどのような仕事を担い、重要な役割を果たしているのか理解されていないのが悲しい現実です。医療機関の事務長は、つねに難しい判断を強いられ、また孤独を味わい、ストレスを蓄積することが多い職制であることが下図からも窺い知れるものと思います。

事務長業務内容イメージ
 
病院経営者様へ
 

  • 事務長職適任者がみつからない
  • 現職者が諸事情により休職している
  • コンサルタントスキルを導入したい
  • 新規事業の手伝いをしてほしい
そのような要望に、お答えいたします。 日々の業務の中からリスクヘッジを行い、ともに経営の苦悩を分かち合いながら、病院の次へのステップを考えて行きたいと思います。

 
診療所経営絵者様へ
 

大きな組織に所属するのとは違い、ひとたび開業してしまうと、全責任が開業医の肩にのし掛かります。各専門分野の優秀なスタッフを複数抱えられない診療所では、重要な決定事項は開業医の先生お独りで行うことが多いと思います。経営判断を誤らないためにも、経営者のブレーンとなる人材が必要です。

  • 専門家に相談するまでもないが、どうしたらよいか困った
  • 経営戦略を考えたいのだが、相談相手が欲しい
  • 許認可・届出を行いたいが何をやればいいのかわからない
  • 多忙な事務長の業務を軽減したい
  • 開業時の業務構築を頼みたい
そのような要望に、お答えいたします。 日々の業務の中からリスクヘッジを行い、ともに経営の苦悩を分かち合いながら、診療所の次へのステップを考えて行きたいと思います。

 
事務長代行の有効活用
 

  1. 臨時的代行
    期間を限定した一時的な代行業務。
    事務長様の急なご病気などで、一時的に業務を引き継がなければならない時などのケース。
  2. 経常的代行
    一定の状態で継続する業務。
    いわゆる顧問に近いケース。
  3. スポット的代行
    業務の一部のみを代行。
    院内のマンパワーでは補いきれない弱点を補完するケース。
 
業務提供体制
 
  1. 定期訪問
    週に1〜2回診療所内で活動を行います。
  2. 電話による相談
    平日 月曜〜金曜日 10:00〜18:00まで
  3. FAX及びE−MAILによる相談
    365日24時間受付(但し回答は翌々営業日となります)
 
コンサルティング料金
 

弊社において、事務長代行業務は、御見積りにあたり次の3点を考慮して算出いたします。

  • 業務全体のボリューム
  • 契約期間
  • 旅費・交通費
その為、クライアント様より簡単なヒアリングの後に、詳細な御見積りをご提出しております。

 
お問い合わせ

事務長業務代行についてもっと詳しく知りたいという方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
後日、担当よりご連絡させていただきます。

 
 
経営診断
   
MENU
 
増益・増患・コスト削減
 
Copyright (C) 2005 OPEN ARMS LIMITED プライバシーポリシー お問い合わせ・資料請求 採用情報 サイトマップ