弊社へのお仕事のご相談やお見積もり等は、こちらからお気軽にご連絡ください。

 
 
急性期、回復期、慢性期の明確化
 
ここ数年の医療制度改革、診療報酬改定を検証してみると、病院と診療所の機能分化(入院機能は病院、外来機能はかかりつけ医)の進展、また病院の入院機能の点でも急性期、回復期、慢性期の区分けの明確化が明らかになりつつあります。このような流れのなかで急性期病院に求められる機能は「平均在院日数の短縮」と「紹介率の向上」の2点に集約されます。
 
 
病診連携
 
 
 
 
 
 
職業紹介
   
MENU
 
講演・研修
 
Copyright (C) 2005 OPEN ARMS LIMITED プライバシーポリシー お問い合わせ・資料請求 採用情報 サイトマップ